エステ脱毛のおすすめ情報を発信しています

うつ病と不眠症の因果関係とは

by admin

不眠症は、生活習慣や精神的ストレスが原因で起こることが多く、大半は昼間の仕事や生活に支障をきたす場合があります。
そういう場合は、早めに専門医に相談することをおすすめします。
不眠状態を放っておくと、うつ病になる可能性も高くなるようです。
うつ病では、不眠症状がよく現われており、うつ病と不眠症は互いに影響し合っているようで、不眠を訴えていた人が、実はうつ病の初期だったり、逆に、不眠が続いている人の多くが、うつ病を引き起こしやすいことも分かっています。
また、うつ病による不眠の特徴として、寝つきが悪く、深夜に目が覚め、再び眠ることができなくなったり、早朝に目が覚めてしまう、ということもよくあります。
さらに、不眠の多くは、数週から数ヶ月間にわたって、夜も寝れずに、昼間も眠れないという状態が毎日続くのも、うつ病の特徴の一つとも言えます。
米国人の調査では、不眠症と不眠症でない人とを比べて、不眠症の人がうつ病を発症するリスクが約3.5倍も高かったという報告があります。
朝は調子が悪いが、夕方になると元気になる。
入眠時間と起床時間が徐々にずれてくる。
日中、睡魔が襲ってきて支障をきたす。
足がムズムズして眠れないことがある。

頭に白髪が増えてきたなら、白髪染めをするのも特に女性であれば気分転換にいいかもしれません。ただ、市販の白髪染めは髪に良くない成分が含まれていることがあるので、敏感肌 白髪染めがいいかも知れません。

上記のような症状がある場合、不眠をもたらすうつ病の可能性があります。
うつ病が不眠症と絡んでいる場合、二つの病気の治療を同時に行わなければなりません。
この場合、うつ病が治れば自然に不眠症も改善されるので治療はうつ病を優先することになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Scrappy Theme by Caroline Moore | Copyright 2017 脱毛から始めよう | Powered by WordPress